整理収納アドバイザーとして片付けのサポートをするために、ご依頼くださったお客様のお宅に伺います。その際に片付けや収納の見直しで、不要なモノとして処分することが最も多いのが「収納グッズ」と「収納雑誌」です。
テレビや雑誌で見た100円ショップの収納用品や便利グッズ、収納方法が紹介されている雑誌など必要だと思って購入したのになぜそうなってしまうのでしょうか…
※収納スペースに合うサイズのモノは使用しております 

収納グッズは後で買うのが正解!

片付けや整理整頓をやろうとやる気になったとき、まずは収納ケースや収納グッズを用意しようと買いに走りがちですが、ここで早速、片付けの順番を間違ってしまっているので「片付けられなかった」ということになってしまうのです。せっかく気に入って買った収納グッズなのに、うまく片付けられないと残念ですよね。
そんなことにならないように、片付けの“基本の3ステップ”の順番を重視して、片付けを始めてみてください。

【片付けSTEP.1】すべて出す

引き出しの中のモノを全部出します。野外の倉庫や収納庫などを整理するときは、床にブルーシートなどを用意して置き場所にするといいですね。全部出して確認することで、どのくらい持っているのかが把握できます。
探していたモノが見つかったり、同じものを買ってダブっていたり、使わないのに入れっぱなしになっている状態はスペースの無駄使いになります。

【片付けSTEP.2】「使う」「使わない」で分ける

引き出しの中のモノを全部出します。野外の倉庫や収納庫などを整理するときは、床にブルーシートなどを用意して置き場所にするといいですね。全部出して確認することで、どのくらい持っているのかが把握できます。
探していたモノが見つかったり、同じものを買ってダブっていたり、使わないのに入れっぱなしになっている状態はスペースの無駄使いになります。

【片付けSTEP.3】使っているモノをしまう

ステップ2で「使っているモノ」に分別したモノを収納していきます。
“毎日使うモノ”か“ときどき使う”かの使う頻度で分けていき、収納するときのコツは“6割収納”でゆったりと、出し入れしやすい、定位置に戻しやすいを意識することが大切です。
キッチンのお箸やスプーンなどのカトラリーは「出し入れしやすく、洗って乾燥したらすぐにしまえる場所に定位置を作る」と戻しやすくなりますね。お正月のお節料理に使う重箱などは出番が少ないので吊戸棚の上段などへ。
このように、「使っている」モノの中でも“毎日使う” “ときどき使う”、で分けていくと使いやすくなります。